マンツーマンだからこそ周りを気にせずだれでも通いやすい大田区の卓球スクール【南六郷卓球場】
ブログBLOG

【レビュー】4月発売のラクザZをレビュー!

カテゴリー:商品レビュー

投稿者:店長

こんにちは、店長です!

本日は4月発売の「ラクザZ」を先行入手いたしましたので、レビューさせて頂きたいと思います!

 

まずはパッケージ!
どん!

 

ラクザ感が滲み出てますねぇ!(語彙力。。)

僕が高校時代はフォアに海夫の藍鯨2、バックにラクザ7softを使っていたため、今回の粘着ラバーxラクザ=ラクザZはすごく楽しみにしていました!

しかもこのラクザZは、ラクザシリーズの最終ラバーという噂も。。
(ラクザを超える次のシリーズを開発しているのかも。。。?)

 

 

それではさっそく開封

、、、の前にパッケージの状態での重さチェック!

これだと重いのか軽いのかもわからないので、開封した状態で他のラバーと比べてみます!

 

 

今度こそ開封!

フィルムが貼ってある!!

粘着ラバーなのでフィルムがあるのは当たり前のことですが、ラクザにフィルムは斬新すぎて素で驚きました!笑
(一瞬中国で販売されている偽物ラバーかと。。。笑)

 

気になる重さは。。。

フィルムをはがした状態で74g

 

以前レビューしたVICTASさんの07シリーズで一番重たかったのはStiff厚で63gでしたので、同じ特厚を使った場合でも10g近い差がありそうです!

ラクザZは少し重い部類のラバーだとおもいます!

 

それではさっそくラケットに貼り付けます!

 

接着剤を塗って75g(+1g)、張り終えて余った部分の重さが22gだったので、ラケット(シェーク)に実際に張った部分は53gでした!

50gを超えるいるので、少し重たい部類というのは間違いなさそうです。
(ちなみに張り替える前に使っていたテナジー25厚は膜ありの状態で48gだったので+5gアップです)

 

ちなみに粘着ラバーにしてはスポンジ硬度ほど固くは感じず、あぁ、ラクザ~って感じの柔らかさでした!笑
(ラクザXに近い硬さでした)

 

 

使用感

粘着力、弾みを動画にしてみました!

短い動画で分かりにくいですが、微粘着ですが玉突きはそんなに弾みませんでした。

 

 

実際に打ってみると
・シートが相手の回転に負けずに回転をかけ返せる
・粘着ラバーなのに弾む
でした!

個人的にはラクザXを微粘着ラバーにして、より引っかかるようにした感じました。
(同じくヤサカさんから発売されている翔龍よりも弾むけど粘着は弱めといった感触です)

 

 

どんなタイプの選手にオススメ?

フォアの場合
ゴリゴリのパワードライブを打つ選手、、、
ではなく、その反対で子供や女性、コントロール重視でコースを狙いたい選手におススメできると思います!

引っ掛かりもよく弾みもあるので、使いやすかったです!

ゴリゴリのパワードライブを打つ選手の場合はエキストラハード(まだ使ったことない)がいいと思います。

 

バックの場合
個人的にはフォアよりもバックで使いたいラバーです!

弾みがありながらも粘着ラバーなのでツッツキ・ブロック・ミートがやりやすく自称ブロックマンの僕にはすごい好印象でした!

 

 

追伸(2020/3/8)

今回インナータイプのラケットで試打しましたが、メーカーさんがアウターで使ってほしい!
というように、インナータイプのラケットには合っていないような気がしました。。。
(それでも僕はバックには使いやすかったですが。。!)

先ほど合板ラケットに張り替え打ってみたところ、ボールも掴みやすく重さも出すことが出来ました!

後はアウタータイプのラケットで試してみたいところです!!

 

興味が出た方。。。

事務所に私、店長がいたら声をおかけください!

今回貼ったラケットをお貸ししますよ!!